HiCustoerのロゴ

HiCustomer(ハイカスタマー)は、2017年12月に立ち上がったスタートアップ企業です。BtoB SaaS プロダクト向けの Customer Success 支援サービスを開発/提供しています。

起業前のフェーズからプロジェクトが始まり、「VI / プロダクトのUI設計 / サービスサイト」など、デザインを全般的に担当中です。

ヒアリングを重ねる中で定義されたビジョン“「人を助ける人」を支える” を表現すべく、コンセプトワードとして「フランク」と「信頼」を掲げ、ビジュアル化を進めました。

HiCustomer のネーミングには、ビジネスやコミュニケーションの始まりとなるプロダクトになりたいという思いから、スタートは“Hi”の挨拶!という素敵な意味が込められています。コンセプトワードの「フランク」が意味するところの「率直な」や「気取らないさま」は、このネーミングにもピッタリです。

シンボルマークは、事業者とカスタマーの繋がりと、そこから広がるコミュニケーションを「H」と「i」の文字を組み合わせて表現しています。左右で支え合っているような印象もポイントです。
また、全体的に丸みと緩やかなカーブで構成することで、親しみやすく「フランク」な印象を与えます。

ロゴタイプ(文字)は、縦に長く直線が印象的に作図することで「信頼」ある印象を与えます。
さらに、縦に長い文字に仕上げることで、サービス名が長く、テキスト全体が、横長になってしまう問題点を解消する狙いもあります。

カラーリングに、「信頼」を意味するブルーと、相性が良くポップで「フランク」なイエローを採用することで、HiCustomer らしさを定義します。

HiCustoerのロゴアイデア

シンボルマークは HiCustomer のイニシャル「H」をベースにイメージを発散して作成しています。
多くのスケッチを元にピックアップしたモノを上記案としてデータ化。最終的に右下のマークをブラッシュアップして現在のデザインに至りました。

HiCustoerのロゴ

「H」マークは、正円の美しい線を基調に作図。「フランク」な印象となるように、切れ込みや角の処理を調整しています。

HiCustoerのロゴ

ロゴタイプは、文字全体が横に長くなることを避ける為、各コンデンス書体を参考にしてPROTOTYPEを作成。大文字と小文字の差を減らしつつ、読みやすさを重視して、PROTOTYPE1からPROTOTYPE2への調整を行いました。

HiCustoerのロゴ

さらに、丸みと緩やかなカーブを持つロゴマークと並べても自然な印象とする為、角の処理や細かい調整を行って最終化しています。

HiCustoerのロゴ HiCustoerのロゴ HiCustoerのロゴ

Client / HiCustomer

VI - UI/UX - ServiceSite(Coding) / Syumpei Mieno